www.sustainablefriends.org
外為初心者の方がFXの要を探すためには学習を積んでいく事が不可欠です。前もって危険性を察知できるようになるためには、ポカを積むことも経験のひとつ。当然、損をするといっても、立ち直れなくなるほど重大な負けをする事は話になりません。取り戻せるほどの失敗を実践する事が、己の経験値を高めてくれるはずです。それを考えると、まず初めは小さな額でエントリーしてそれによって何回かちょっとした負けを経験することを推奨します。仮に、100万円だけしか投資に回すお金のない方がはじめから100万円を少しも残さないで賭けて売買すると失敗した時、永遠にやり直せない可能性があります。そのため、資金の10分の1ずつエントリーしてこれによって売ったり買ったりを積み重ねた方が、少しずつ損を補う方策なども覚えるはずです。まずはじめに小さな額で売買する事のメリットは、既出の通り、自分の経験値を増やしミスを回避する方法を覚える事にありますが、それと合わせて、注文の回数を重ねる事で危険性を削減する事ができるというメリットもあります。想定として、1回だけの取引で儲けられる可能性が50%だと考えます。この場合、同じ条件で損が生じる危険性もあるということになる。勝率50%ということは半分の比率で儲けられる事を意味している。ところが、全部の資金を投じてただ1回の取引をするということは勝ちか、負けのどちらかになってしまいます。これはたんに賭博と同じです。要するに、全てのお金を投入して1回しか売買しないとこの分だけマイナスになる比率が高まってしまいます。これを避けるために、投資するお金を全額投入するのではなく少しずつ分けて投資機会を重ねる事がリスク回避となります。だからといって何回かに分けたとしてもすべての取引で稼ぐ必要はない。むしろ、勝てないのが実際です。肝心なのは、勝ち負けの回数ではなく、どれだけ稼ぐかです。勝率5割でもまた勝率5割以下でも儲かる時は儲かる。負ける確率が高くてもマイナスがわずかであれば、3割の勝ちの儲けでうまく儲けられる。そのためには、損失を少なく、利益を大きくを忘れない事です。損失が生じたら素早くロスカットして逆に儲けられる場合は上手く利益を上げることが外国為替証拠金取引ビギナーがFXでプラスになるための神髄です。