www.sustainablefriends.org
為替介入というのは耳にした事がありますか?日銀が外国為替平衡操作(為替介入)をして新聞、雑誌記事、ネット等の報道記事で見られた人もいると思います。外国為替市場介入(為替介入)とは日本においては、・財務大臣が為替レートの安定化を実現させるために施行する手はずとして位置づけられています。簡潔に言えば、急激な円高や円安の際に財務大臣の指令が出ると中央銀行である日銀が日本円の売り買いをして為替レートの安定化を狙う、ということです。外国為替平衡操作(為替介入)とはやり方が何通りかあるのです。1.単独介入・・・行政・日本銀行が東京市場で市場に入って介入をする。2.協調介入・・・多くの通貨当局が相談し各々の通貨当局のお金を使って同時もしくは小出しに為替介入を行なう。3.委託介入・・・他国の銀行などへ向けて為替介入を任せる。4.逆委託介入・・・日本銀行が外国の通貨当局の代わりに外国為替市場介入(為替介入)を遂行する。以上のような種類があります。どの場合の為替介入(外国為替市場介入)も一時的、または引き続いて為替市場に効果を与えるでしょう。介入の額は当然ですが自分の国の権威をかけているのですからスケールが違うのです。円を基本にして説明すると、普通は数銭ごとに動いている相場が突如数円ごとの変動をするのです。個人で投資をしている方でしたら一度は体験したと推測できますが、ここまではうまく含み資産(あるいは含み損)が増えている持ち高を持ち続けていたところ、保持している保有高が決済となりましたとの通達が外為の会社よりメールが・・・どのくらい得になったのかな(損したのかな)?と思いつつ決済された報告を見たところ自身が見込んでいたのとは反対の事態になってしまいびっくりした事例があります。外国為替市場介入(為替介入)が実施された時によくある話なのです。以上のように為替介入が行なわれると為替の市場の変動とまったく反対の動向をすることがわかります。加えて変化する金額の幅はかなりでかく変わるため用心が必要なのです。