www.sustainablefriends.org
為替介入というものをご存知でしょうか?日銀が外国為替市場介入(為替介入)をして新聞記事、雑誌、テレビ番組、ヤフー等の記事で見られたみなさんも多いでしょう。元より為替への介入とは日本では、大臣(財務大臣)為替のレートの沈着を実現できるように行なう方策として見なされています。簡潔に言うと、かなりの円高または円安の場合に財務大臣の指示をもとに中央銀行(日本銀行)円を取引することで為替のレートの安定を狙う、といったことです。外国為替平衡操作(為替介入)にはやり方が何通りかあります。1.単独介入・・・行政や日銀が東京での市場において市場に参加し為替の介入を行なう。2.協調介入・・・複数の銀行などが協議のうえで各通貨当局の持っているお金を利用して同時ないし小出しに為替介入を行なっていく。3.委託介入・・・外国の通貨当局に外国為替市場介入(為替介入)を委任する。4.逆委託介入・・・中央銀行(日本銀行)が国外の通貨当局に代わり為替介入を実行する。このように種類です。いずれの外国為替平衡操作(為替介入)も一時的に、または連続的に為替レートに大きな効果を与えます。為替の介入の金額は当たり前のことですが権威をかけて行なうのですからスケールが違うのです。円を例に例えると、普段は数銭単位で変化している円レートが不意に数円ごとの動きをするのです。個人で投資をしている人でしたら今までに体験したことがあると思いますが、これまで含み益(または損失)を増やしていたポジションを持続していたところで、持っている保有高が決済したとのことで通達が外国為替の会社よりEメールが。どのくらいの儲けかな(損益が出たのかな)?と思いつつ決済された情報を見たところ、自分の中で推測していた状況とはまったく逆の状況に度肝を抜かれたといったケースがあるのです。為替の介入が実施された時によくあることです。為替介入(外国為替市場介入)が実行されると為替市場の傾向と真逆の動きをするものなのです。さらに変動する金額の幅はかなりでかく動きますので用心しましょう。