www.sustainablefriends.org
外国為替証拠金取引の経験がない方がFXの重要なところを理解するには、初めに実戦を積み上げる事が大切です。とりわけ、直前にリスクを回避できるようになるためには間違いを繰り返す事も大事です。言うまでも無く、間違いをするといっても持ち直せないほど決定的な失敗をする事は問題外です。取り戻せるぐらいのミスを数回経験することが己の経験値を高めてくれるはずです。これを考えると、まず最初はわずかな額で売買を行いこれで何度か取り戻せる失敗をすることが必要です。例えとして、100万円だけしか投資する余裕が無い状態で、最初から全額投資して取引するとマイナスになった時、永久に元に戻せない怖さがあります。それより、資金の10%ずつ分割してエントリーして、それによって取引を積み重ねた方が着実に間違いを補う手法なども習得するはずです。まずはじめに少ない額で売買する事の利点は前述したように、自分の取引経験を増やし、失敗をコントロールする方策を身に付けていく事にありますがそれと同時に、エントリーの回数を多くして偶然を少なくできるという価値もあります。1回あたりの注文で儲けられる確率が二分の一だと考えます。この場合、同じく50%の確率で損が生じる危険性もあるということになる。勝率5割ということは。半々の率で勝てることを現しています。しかし、全部の資金を使ってただ1回の仕掛けをするということは、勝つか、負けるかのいずれかになってしまう。このままでは1度だけの賭けと同じです。結局のところ、全財産を投入して1度しか勝負しないと、それだけではマイナスになる確率が高くなってしまいます。そのため、お金を1度にすべて投資するのではなく、少額ずつ分けて、回数を増やす事がリスク分散となります。だからといっていくつかに分けたとしても、全ての注文で勝つ必要はありません。正しく言うと、勝利できないのが本当のところです。投資で重要なのは、勝つ確率ではなく、どれだけ儲けるかである。勝半5割でも或いは3割でも儲かる時は儲かります。負ける確率が高くても損が少しであれば、わずかな勝ちの儲けだけで上手に儲けられます。そのために必要な事は、マイナスを少なくして、プラスを大きくする事を心がけることです。損したらすぐさまロスカット注文してそれとは逆に勝てる場面では上手くプラスにする事が、FXをはじめたばかりの方が為替で勝利するための神髄です。